HOME 腕時計の豆知識 腕時計各部の名称

Watch Tips / 腕時計の豆知識

腕時計各部の名称

腕時計各部の名称

  • 1.べゼル
    装飾的な要素も強い部分ですが、主にガラスを固定しています。回転べゼルなどの付加機能があります。
  • 2.ガラス / 風防
    サファイアガラスやミネラルガラス、強化プラスチック(風防)などを使用し、内部を保護しています。ガラスの一部がレンズ状になっており、カレンダーを拡大して見えるように工夫されているものもあります。
  • 3.ケース(側)
    時計本体を衝撃やゴミ、水気などから守っています。高い防水性を持たせたものや、磁気に強いものなど、メーカーごとの様々な工夫が見られます。
  • 4.カレンダー
    ダイアルに窓を付け、日付や曜日を表示します。24時頃に瞬時に日付が変わるものから、何時間もかけて日付を送っていくものまで様々です。
  • 5.チューブ
    ケースに取付され、リューズが差し込まれるパイプ状の部品です。
  • 6.リューズ
    時計の操作に使用し、ゼンマイを巻いたり、カレンダーや時計を合わせたりします。防水時計では、内部にパッキンが入り、チューブと密着することで気密性を高めています。ネジ込みタイプのリューズは、一度反時計回りにリューズを回しロックを解除する事で、通常のリューズ操作を行う事が出来ます。
  • 7.ダイアル(文字盤)
    その時計の顔ともいえる部分で、様々な素材を使用し装飾されます。
  • 8.インデックス
    時刻を示す為のマークで、棒状の飾り(バー)やアラビア数字、貴石を使った物などがあります。
  • 9.ラグ
    足とも呼ばれ、ブレスや革ベルトを取り付ける部分です。

▲Page Top

腕時計各部の名称 クロノグラフタイプ

  • 1.アワーレコーダー
    クロノグラフで通常12時間までの経過した時間を表示します。
  • 2.プッシュボタン
    主にクロノグラフのストップウォッチ操作に使用し、クォーツ時計などでは、モード変更や時刻合わせなどもこの部分で行います。
  • 3.ミニッツレコーダー
    クロノグラフで通常30時間までの経過した時間を表示します。
  • 4.スモールセコンド
    秒針です。時計の中心に時針、分針、秒針と重ねられるものはセンターセコンドと呼ばれます。
  • 5.タキメーター
    べゼル部分につき、計測した時間から平均時速や簡単な計算を読み取る事が出来ます。
  • 5.その他のインダイヤル機能
    クォーツクロノグラフの機能で1/10秒を計測・表示する「1/10秒計」や、24時間表示をするための「24時間計」、その他「月表示」「曜日表示」「日付表示」「ムーンフェイズ」などがあります。

▲Page Top

時計ベルトの各部名称

  • 1.バネ棒
    伸縮式の棒で、様々な長さや太さがあり、それぞれの時計に合わせて使用します。ブレスレットや革ベルト、バックル部分の取付部品です。
  • 2.エンドピース(フラッシュフィット)
    ブレスレットとケースを接続する部分でピッタリ合うように作られています。板を折り曲げて作られた物は、開いてきてしまうので時々調整すると見た目にも良いでしょう。
  • 3.固定駒
    ブレスレットの本体ともいえる部分で、基本的に取り外しすることは出来ません。
  • 4.足し駒
    この駒の増減でブレスの長さを調節します。
  • 5.中折れ
    2つに折り畳まれる板の部分を言います。こちらに変形等が出始めると、バックルのとめる強さなどに影響します。
  • 6.バックル(クラスプ)
    ブレスレットを腕にして留める部分です。
  • 7.尾錠(美錠)
    革ベルトに使用するベルトをとめる金具です。革ベルト用のブレスレットのバックルタイプもありますが、それは「Dバックル」と呼ばれる事が多いようです。
  • 8.定革
    革ベルトに取り付けられた革の輪になります。固定されていて反対側のベルトを通して使います。
  • 9.遊革
    こちらは革ベルトに固定されていない革の輪になります。定革と共に反対側のベルトを通して使います。

種類・状態・ご要望を
お聞かせください。

修理・オーバーホールを
ご希望のお客様へ無料でお送りします!

★POWER watch[パワーウォッチ]掲載
2014年1月号の企画特集「時計修理&メンテナンス コンプリートガイド~ロレックス編~」に当修理工房が「全国時計修理優良店」として紹介されました!
power_watch