外装研磨仕上げ

永年に渡り愛用していれば、腕時計にキズや腐食が付いてしまうことは避けようがありません。しかしながらよほど大きな損傷でない限りは、磨くことで本来に近い美しさを取り戻すことができます。

  • TOP >
  • 外装研磨仕上げ

外装研磨仕上げ

外装研磨仕上げのこだわりCommitment

時計内部のケアをするオーバーホールと同様に、外装を美しく整えるための外装仕上げもぜひご利用ください。

外装研磨仕上げのこだわりCommitment

時計修理工房ネオスタンダードでは、ロレックスやオメガをはじめ、高級ブランド・メーカー時計の外装研磨仕上げを承ります。
時計内部のケアをするオーバーホールと同様に、外装を美しく整えるための外装仕上げもぜひご利用ください。

  • #1

    外装研磨専門の人間が担当

    技術を積んだ研磨技術者のみが担当致します。

  • #2

    ライトポリッシュも用意

    お客様のお声に答えて、本格的なポリッシュだけでなくライトポリッシュというメニューもご用意しています。

  • #3

    元のフォルムは崩さずに、メリハリを持った研磨を行う

    ここが研磨技術の差が出るところです。
    傷のある箇所のみ磨いてしまうと元の外装のフォルムが歪んでしまいます。
    全体のフォルムを崩さずに研磨をかけられるのが弊社の技術です。

作業の流れWorkflow

全5工程

  • Step-1 キズの全体チェック

    詳細を読む

    Step-1 キズの全体チェック

    ロレックス コスモグラフデイトナの研磨仕上げの例です。
    研磨作業を始める前にまずは全体を確認します。
    お預かりした時計のキズや汚れの状態・程度を把握し、これに合わせて作業の内容や進行方法を決定します。
    作業工程が決まったら、時計を分解し研磨を行うパーツごとに分けます。

  • Step-2 下地処理(粗磨き)

    詳細を読む

    Step-2 下地処理(粗磨き)

    まずは、「キズを取るための研磨」=粗磨きを行います。
    スリキズ、引っ掻きキズなど、この作業で消すことができるキズを消していきます。
    深いキズや打痕による大きなキズは、完全には取りきれない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

  • Step-3 研磨(艶出し)

    詳細を読む

    Step-3 研磨(艶出し)

    粗磨きでキズがあらかた無くなった時計に、光沢や質感を与える艶出しのための磨きを掛けます。
    研磨をする以外の部分にキズが付かないようマスキングをして行います。
    光沢面は鏡面仕上げに、また、ヘアラインやサテン仕上げなどはオリジナルに忠実に、丁寧に仕上げていきます。

  • Step-4 洗浄

    詳細を読む

    Step-4 洗浄

    研磨の工程が完了したところで、付着した削りカスや汚れを落とすために、超音波洗浄機にかけます。
    すべてのパーツを乾燥させたところで、仕上がりの状態を細かく確認し、磨き残しが無いかをチェックします。

  • Step-5 組立て・最終調整

    詳細を読む

    Step-5 組立て・最終調整

    チェックで問題が無ければ、すべてのパーツを組み上げます。
    最後に防水検査、最終調整を行って、お客様にご返送する準備に入ります。

事例Case

ロレックス デイトナ ref.16523
オーバーホール、ゼンマイ交換、パッキン交換、外装研磨、防水テスト

不具合
定期オーバーホール 外装研磨
料金
55,000円
修理内容
ゼニス社のエルプリメロをベースに改良を加えたムーブメント。
通常研磨のみ18000円のところ、オーバーホールとセット価格でプラス10000円にて外装研磨を承ります。

料金表Price List

外装研磨料金
部位 ステンレス・コンビ ゴールド・プラチナ
ケース + ブレス 18,000~ お見積り
ケース 13,000~ お見積り
ブレス 13,000~ お見積り
オーバーホールとセット 10,000~ + OH料金 お見積り
簡易研磨(オーバーホールとセットのみ) 6,000~ + OH料金 お見積り

腕時計の「外装研磨」を
検討されている方は
下記よりお問い合わせください

03-6658-8567

お電話受付時間:10:00-19:00
定休日:土・日