時計修理技術者紹介

時計修理工房ネオスタンダードの修理技術者のご紹介です。

  • TOP >
  • 時計修理技術者紹介

時計修理技術者紹介

時計修理技術者紹介Watch Maker

時計修理工房ネオスタンダードの修理技術者のご紹介です。

  • 時計修理技術者 プロフィール

    古山 陽一 Youichi Huruyama

    学生時代に近所の時計修理工房に見習いとして勤務
    その後、大手時計メーカーの修理部門に就職
    現在、時計修理工房ネオスタンダードの現場責任者として
    時計修理を担当

    大手時計メーカーではできないきめ細かいサービスを、
    リーズナブルな価格でご提供


    時計修理工房ネオスタンダードに就職する前は、大手メーカー技師公認店でメーカー時計修理に携わっていました。しかしメーカーでは制約が多く、自分の思っているようなサービスを行うことができませんでした。

    その頃から、本来のサービスとはその時計に本当に必要な修理内容をご提案し、お客様のご要望に対して柔軟にお応えすることではないかと考えるようになり、メーカー退職し、修理工房ネオスタンダードに就職することにいたしました。

    一口に時計といっても、アンティーク時計から最新の機械式時計まであり、基本的な構造は変わりませんが、発売年代やモデルごとに様式が違います。
    そのため必要な修理はそれぞれ時計ごとに違い、よりきめ細かいサービスが必要となります。

    弊社ではメーカー水準の修理を、どこにも負けない低価格設定でご提供することを目指しています。

    お客様の大切な時計を、いつまでも大切に使っていただきたい。
    お客様の喜ぶ笑顔を見たい。そんな思いで、お預かりした時計を修理させていただいております。

    どんな些細なことでも結構ですので、分からないことや気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。心を込めて対応させていただきます。


  • 時計修理技術者 プロフィール

    太田和 祐介 Yusuke Ootawa

    大学卒業後、コンピューター会社に就職
    その後、時計修理会社に時計技師として就職
    現在、時計修理工房ネオスタンダードの時計技師として
    時計修理を担当

    時計修理工房ネオスタンダードを選んで良かったと
    思っていただけるために


    時計修理工房ネオスタンダードの強みとして、グループ会社が時計買取事業を行っていることがあります。そのため一つのメーカーだけではなく、海外一流ブランド時計から国内ブランド時計まで幅広いメーカー時計の修理に対応しています。

    修理内容もさまざまで、電池交換やベルトの長さ調整に始まり、オーバーボール・ポリッシュといった一般的な修理や、動かなくなった時計や壊れてしまった時計の修理まで行っています。

    多種多様なメーカー時計の修理を行うことは、知識を蓄積し、技術を磨き、経験値を上げることに繋がります。時計技師として大変恵まれた環境といえます。また幼い頃から細かい作業が好きだった私にとってこの仕事は天職ともいえるものです。

    どんな種類の時計が来ても、どんな難しい修理が来ても、可能な限りお客様のご依頼に応じること本来のサービスと考え、心を込めて修理をさせていただいています。

    修理した時計を見て、笑顔で喜んでいただきたい。
    時計修理工房ネオスタンダードを選んで良かった。と思っていただきたい。そのような気持ちで時計を修理しています。

03-6658-8567

お電話受付時間:10:00-19:00
年中無休